メイン コンテンツ ブロック
メニュー
日本語

専門研究室

台湾・東南アジア考古学研究室

オーガナイザー・担当者:王冠文

当研究室の研究範囲は、台湾を中心とし、その隣接地域を含むものです。初期の段階で設定された研究テーマには次のようなものがありました。地域的な先史文化における時空間のフレームワークの構築およびその充実、先史時代の人々の生活様式の再現、先史考古学と口承史の研究、台湾の歴史考古学及び近現代社会に関する議論、原住民史研究や原住民文化財の保存と維持など。こうした研究テーマは、台湾地域の人類活動史の構築をめぐり、考古学研究と他の研究領域をつなげ、台湾人類活動史の視野を広げるものであります。

以上の目標を達成するため、本研究室では、遺跡文物・文献データベースを構築しており、当データベースは、所内研究員の利用に供するほか、インターネットによって国内外の関連学術機関とも連結し、情報の検索や共有を図っています。

中央研究院が推進する東南アジア地域研究プロジェクトと同時期に、本所の考古グループでも東南アジア考古学研究を発展させてきました。それにより、台湾考古学の研究範囲をより広げ、研究テーマの再検討を行いました。現在、すでに大量の基礎的な資料が収集され、目録が編成されています。「台湾と東南アジアの関係」という研究テーマに関し、多面的な研究手法や多地域における各自の専門的研究を推進することで、最終的に本研究課題が総合的なものとなることが期待されます。

このページの先頭へ